病院に相談してみることをお勧めします

昔は、子供が親の面倒をみるのが当たり前でした。
しかし、時代が変わり、高齢になっても、自分の面倒は自分でということが当たり前の時代となりました。
骨折などをして、歩くことが難しくなった場合、歩くことができるようになるまで滞在できるような施設を病院側が紹介してくれるため便利です。
病院も、子供に頼むことができるのか、無理なのかという確認をとるようになっています。
将来高齢になったら、子供に助けてもらってと考えている方は、難しいかもしれません。
自分で自分のことをやっていくと考えておく必要があります。
病院の体制も昔と違い、相談できる体制が整いつつあるため、安心して相談することができます。
子供がいても、自分で自分の面倒をみるという意識を持つことが大切です。
子供の世話になるのは申し訳ないと感じている方は、病院に相談できるシステムがあるため安心することができるはずです。
上手に相談をして、完治できる施設を探してもらうとよいです。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.