病院長はパワフルな人でないと務まらない

病院長は広い院長室で、落ち着いて仕事をしていると言うイメージがあります。
しかし、実際はとても多忙で、院長室で落ち着くことなどほとんどできません。
病院長は医師でなければならないと医療法で決められています。
なので、医師として入院患者の回診を行ったり、外来も受け持ちます。
専門科が外科の場合、手術をすることも珍しくありません。
病棟全体の患者はもちろん、職員の仕事ぶりを見て回る管理回診も行います。
また、組織の代表ですから渉外業務もこなさなくてはいけません。
市や県の医師会、専門学会その地方部会、病院会などに出席します。
院外での活動や会議のオンパレードと言えるでしょう。
また、病院長になるような人は、臨床や医学分野で豊富な業績を持っていることが多いです。
そのため、学会での座長を依頼されたり、医学雑誌から執筆を依頼されることもあります。
なので、原稿を書いたり資料を読む時間も必要になり、多忙を極めるわけです。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.